健康経営

SDGs への貢献
  • 3 すべての人に健康と福祉を

当社は社員を最も重要な経営資源と捉え、健康経営に取り組みます。

社員の健康維持・増進により労働生産性を向上させ、働きやすい会社として持続的に成長していくことを目指して、さまざまな取り組みを進めてまいります。

フィード・ワンの健康経営宣言

フィード・ワンは、
社員を最も重要な経営資源と認識し、
社員一人ひとりの心身の健康を向上させ、
活力ある企業であり続けるため、
次の取り組みを行います。

  • 社員自身が自立的に健康の維持・増進に取り組むことを積極的に支援します。
  • 社員一人ひとりの能力を最大限に発揮できる働きやすい職場環境づくりに取り組みます。
  • 社員が大切な家族のもとに笑顔で帰れるよう、組織で支える健康経営を推進します。
  • 「健康を大切にする文化」を根付かせ、社員の活力と生産性の向上を目指します。

推進体制

推進体制の図

健康経営KPI

当社の健康経営の指標として、下記健康経営KPIを定点観測してまいります。

  • 喫煙率
  • BMI25以上の社員の割合
  • 健康診断受診率
  • 健康診断の再検査率
  • ストレスチェック受検率
  • ストレスチェック高ストレス者率
  • 平均月間時間外労働時間
  • 平均年間有給休暇取得日数

社員の健康管理

喫煙対策
受動喫煙対策として、事業場の施設内に設置されていた喫煙場所の撤去および就業時間中の禁煙を実施しています。
喫煙率を減少させるための施策としては、喫煙者で禁煙外来の通院を完了された方に対して費用補助を行っています。
労働時間への取り組み
月1回のノー残業デー、時間単位で取得できる時間有給休暇など働き方改革に取り組んでいます。
また、法定で義務付けられている法定外労働時間にかかわらず、希望者には産業医面談を実施しています。
健康診断・がん健診
当社では、病気の早期発見・早期治療のため、法定を上回る健康診断項目を定め、全従業員を対象に健康診断を実施しています。
また、健康診断の結果で再検査が必要との判断になった社員に対しては、一人ひとりに再検査の受診勧奨を行っています。
  • 40歳以上の社員に対して特定保健指導実施
  • 30歳以上の女性社員に対して、乳がん検診(マンモグラフィー・エコー)、子宮がん健診費用補助
  2018年度 2019年度
健康診断受診率 99.8% 100%
メンタルヘルス
メンタルヘルス対策として、自身のストレス状態を把握し対策できるよう、全従業員を対象にストレスチェックを実施しています。
また、従業員およびその家族が、会社に知られることなくどんな内容でも自由に相談できる相談窓口を設けています。
  2018年度 2019年度
ストレスチェック
受検率
75.1% 92.6%
ワーク・ライフ・バランス
仕事で十分な力を発揮するためには、私生活の充実も大事だと考えています。
有給休暇が取得しやすい環境整備として、5連続休暇制度や記念日休暇制度があります。
感染症対策
従業員および扶養家族に対して、インフルエンザの予防接種の費用を補助しています。
子どもについては、2回目の接種に対しても費用補助を行っています。
産業医との連携
健康経営の推進にあたり、産業医との連携も強化しています。
法定よりも短い時間外労働時間での面談実施の他、健康経営施策へのアドバイス、定期的な休職者面談・復職後面談、四半期に1度発行している社内報へのコメント掲載などを実施しています。
ヘルスリテラシーの向上
ヘルスリテラシー向上のため、全従業員にeラーニングでの教育を実施しています。
また、季節に応じた健康関係情報を、従業員向けに定期的に配信しています。
運動・コミュニケーションの促進
社員間のコミュニケーションの活性化と健康増進、知識知見を広めることを目的として、スポーツ・文化・芸術に関する活動をする社内クラブに対して、活動費の補助を行っています。