トップメッセージ

フィード・ワン株式会社は、2014年10月1日に設立されたフィード・ワンホールディングス株式会社を母体として、旧協同飼料・旧日本配合飼料の2社を2015年10月1日に統合、同時に商号変更することによって誕生いたしました。当社は、経営統合時に掲げた「業界最高水準の競争力を実現すると共に、アジアを中心とした海外での生産販売活動の展開・充実を図り、グローバル飼料メーカーを目指す」という目標を達成するべく、歩みを進めております。

旧日本配合飼料は1929年、旧協同飼料は1946年の創業以来、それぞれ配合飼料の総合メーカーとして安心安全かつ高品質な配合飼料の提供を通じて、国内の畜水産業界の発展に貢献してまいりました。
これからは、これまで両社グループが培ってきた技術・開発力、販売力並びに生産物の流通システムを融合し最大限活用することで独自性を高め、事業拡大を図っていく所存です。

これからの飼料・食品業界を取り巻く環境は、国内人口の減少や少子高齢化に加え、貿易自由化の進展に伴う畜産業界への影響が懸念されるなど厳しい状況が予想されます。一方、地球規模でみるとアジア圏を中心に人口増加や一人当りの食肉消費量の伸長などがあり、需要の増加が見込まれています。このような環境の中において、地域社会と共存し持続的成長を実現していくため、畜産飼料事業、水産飼料事業を核とした収益力強化により確固たる経営基盤を構築してまいります。

当社は今年、2018年3月期を最終年度とする中期経営計画を策定いたしました。最終年度の目標は連結経常利益48億円、ROE10%としており、収益力の向上に加え資本効率の向上に取り組んでまいります。
当社は、お客様の最強のパートナーとして業界全体の持続的成長に貢献することで、企業価値向上に取り組んでまいります。引き続き、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

フィード・ワン株式会社