コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、コーポレート・ガバナンスを経営上の重要課題と位置づけ、企業価値の増大を図りつつ、株主をはじめ企業を取り巻く顧客、取引先、地域社会、従業員等のステークホルダー(利害関係者)の信頼を得るために、経営の効率性、透明性、健全性を確保できる最適な経営体制を確立することを基本方針としております。

コーポレート・ガバナンス体制の状況

現状のコーポレート・ガバナンス体制の概要

(1) 業務執行の機能に係る事項

取締役会は、業務執行における重要な意思決定を司り、取締役・監査役の参加により原則月1回実施しております。また、経営に関する重要な案件につき十分な検討を行うため、取締役会参加メンバーに加え、執行役員が参加する経営会議を原則月1回以上、監査役4名が参加する監査役会を原則月1回実施しております。

(2) 監査機能に係る事項

監査役会は原則として毎月開催され、監査役会において定められた監査計画に従って行われた各監査役の監査の方法及び結果が報告されるほか、各部門長から業務の状況について報告を受け、必要に応じ各支店、工場及び関係会社を往査しております。監査役と会計監査人及び内部監査部門との連携強化を図るとともに、監査役会の事務局を設置し監査役の職務をサポートする体制を整えております。

現状のコーポレート・ガバナンス体制を選択している理由

当社は意思決定の迅速化、業務執行の合理化、効率化と監督機能の強化の両立を目指し、執行役員制度の導入や経営会議等により合理化を図る一方、取締役会で経営リスク管理体制の強化並びに経営の透明性を確保することを目的とし、社外取締役を選任しております。また監査役会制度を採用し、監査役4名の内2名を社外監査役とすることで当社の経営・業務執行の意思決定につき、中立の立場で客観的に経営監視を行える体制としております。

コーポレート・ガバナンス

フィード・ワングループ社員行動規範

私たちは、フィード・ワングループの一員として安心安全な食の供給を第一にコンプライアンスの遵守を徹底することにより、畜・水産業界の持続的発展に貢献し、食の未来を創造してまいります。

  1. 基本方針 私たちは、常に顧客・消費者の目線でニーズ・課題を捉え、問題解決に取り組み、企業価値の向上を目指します。
  2. 法令等の遵守 私たちは、社会人として、また国際社会の一員としての自覚を持ち、法令や企業倫理及び社会規範を遵守し、社会秩序の維持に努めます。
  3. 職場環境 私たちは、互いに相手を尊重し、自由闊達な意見を交え、明るく、清潔で働きやすい職場作りに努めます。また、高い専門性を持ち、時代の変化を捉えて常にチャレンジする人材を目指します。
  4. 不当な差別・ハラスメント等の禁止 私たちは、性別・国籍・年齢・民族・人種・宗教・信条・身体的障害等を根拠とした不当な差別や、いやがらせ・セクシャルハラスメント等を根絶に努めます。
  5. 公正・公平な取引 私たちは、生産・販売・購買等の各分野に於いて独占禁止法を遵守すると共に、すべてのお客様に礼節と誠意をもって対応し、公正・公平な取引を行います。
  6. 反社会的勢力の排除 私たちは、市民社会に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を遮断し、決して反社会的取引は行いません。また、これら反社会的勢力に対しては、警察等の外部専門機関と緊密に連携し、全社を挙げて毅然とした態度で対応します。
  7. 接待・贈答 私たちは、公務員・政治家等に対して不正な経済的利益の供与・政治献金・接待・贈答を行わず、取引先や業界等に対しても社会通念上の節度を守ります。
  8. 情報管理の徹底 私たちは、業務上知り得た情報について、業務の目的にのみに使用し、外部に漏洩しないよう厳重に管理します。また、インサイダー取引規制を十分理解し、内部情報の管理の徹底を図り、職務に関して知り得た非公開の内部情報を基にした当該会社の株式売買等を行いません。
  9. 企業情報の開示 私たちは、企業情報の適時・適切な開示を行い、経営の透明性を高めることにより、社会的責任を果たします。
  10. 会社の有形・無形資産の有効活用と保護 私たちは、土地・建物・OA機器などの有形資産、ノウハウ・特許権・商標権・意匠権などの無形資産の有効活用と効率的な運用に努めると共に、厳格な管理と保護・防御を行います。また、他人の知的財産権は侵害しません。
  11. 社会への貢献 私たちは、地域社会や国際社会の一員であることを自覚し、「より良い社会」の実現を目指し、広く社会貢献に努めます。
  12. 環境の保全 私たちは、環境保全への取り組みを企業の責務と認識し、環境の保全と畜・水産業界の持続的な発展に努めます。
  13. 違反行為に対する報告及び是正 私たちは、この行動規範に違反する行為を発見したときは、社内又は社外受付窓口に報告するとともに、違反の有無に関する事実調査に協力し、違反行為の是正に努めます。また、違反行為の報告及び調査に協力した役職員に対して、いかなる不利益な取扱いも行いません。